牧野植物園でお花見🌸とミャンマー大紀行展

牧野植物園でお花見🌸とミャンマー大紀行展

先日は朝から高知市の五台山にある牧野植物園へ🌿

お天気も良く満開の桜を見ようと沢山の人が来られていました!ついでに花粉も凄かった🤧

 

展望台からの眺めも素晴らしく、山桜や枝垂れ桜、ソメイヨシノもちょうど見頃🌸

 

高知県高知市の五台山の山頂にある県立牧野植物園は、高知県佐川町出身の植物学者、牧野富太郎博士の記念館です!様々な植物を年間通して楽しめる場所です。

 

牧野植物園では、今ミャンマー大紀行と言う展示があり、色々と興味深い物が有りました!ミャンマーは南北に細長い国で、標高も高い場所があり、植物や生物の多様性に富んだ場所なんです!

マングローブの森から、ココヤシが取れたり。

 

 

 

私達にも馴染みのある生薬もつくられていたり!

今では絶滅しそうなサンダルウッド(白檀)の木も!とても良い香りがしていました(^^)インドのマイソール産のサンダルウッドが一番香りが良いと言われています。今は植林もされているので、何十年後かにはまた良い香りのサンダルウッドが楽しめるようになるでしょう。

 

そして、これ!

 

写真などで見た事がある、現地の方が顔に塗ってるタナカと言う白い日焼け止めが、柑橘系の樹皮から作られた物だとは!しかも木を専用の硯でするなんて!面白い😄

 

他にも、日本とよく似た文化のある東南アジアのミャンマー!

シルクの織物。カラフルで綺麗!

 

素敵な柄の紙傘!

 

ミャンマーの漆塗り

 

そして、手すき和紙まで!

 

 

東南アジアは生物多様性の宝庫!それを都市開発などで失われてしまわない様に願います!

 

自然の恵みを受け取り、親から子へ、生活の中に取り入れて行く知恵を受け継いで行くのは、ミャンマーでも日本でも同じ。私もアロマテラピーやハーブ、薬膳など色んな形でお伝えして行きたいと思っています🌿

カテゴリーLIFE